小学生にスマホ?キッズケータイより子どもスマホが安心な理由

子どもに安心の格安SIMを今すぐ確認する

◆子どもに携帯を持たせたい


安全対策の意味でも子どもに持たせたいと考えている親は多いと思います。
ここでは、キッズケータイと「子ども用」の携帯・スマホについて説明したいと思います。
・キッズケータイとは?
・「子ども用」携帯・スマホとは?
・料金はどのくらいかかる?

◆キッズケータイとは?


キッズケータイとはその名の通り、子どもに持たせる為の携帯電話です。習い事や現在位置把握など昨今の子どもに携帯を持たせるという需要を受けて各社販売を手掛けています。
ただし、注意しないといけない点は「キッズケータイ」と呼ばれるものは俗にいう大手キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)からしか端末が発売されていない点です。
キッズケータイには子どもに端末を使用させる為の機能をメインに作られていることが特徴です。

◆大手キャリアのキッズケータイ


上記で説明しました通り、キッズケータイは大手キャリアからしか発売されておりません。
使用するとすれば、おのずとそちらと契約する必要があります。
小学生低学年~向けのガラケータイプと高学年~向けのスマホタイプがあります。ガラケータイプには防犯ブザーが付いていたり、最低限の機能しかついていなかったりで、低学年のお子様にも安心して持たせることが出来る仕様となっています。
大手キャリアの回線は5000円~10,000円程度かかりますが、キッズケータイであれば数千円で使用することができるので、料金面でも子どもに携帯を持たせるハードルは下がってきているようです。

◆格安SIMでのキッズケータイ


上でも述べさせていただきましたが「キッズケータイ」と呼ばれるものは大手キャリアからしか発売されておりません。
ですが、格安SIMでも子ども用のスマホとして使用させることは可能です。
その一つがTONEモバイルです。全国子供会連合会の推奨商品に認定されているほどなので商品としての信頼性は高いものになっています。有害なサイトからのフィルタリング機能や使用時間制限、現在位置把握などこども用スマホとして十分すぎる機能を備えています。
料金も月額¥1,000円~と非常にシンプルかつ安価に使用することができます。
ただし、注意点としては、「スマホ」なので耐久性や簡易性は大手のキッズケータイ程ではなく、小学校低学年向けの商品ではないかもしれません。

◆格安SIMを子ども用携帯としての使用は「あり」か「なし」か


結論としては、精密機器として取り扱える年齢であれば、「あり」だと私は思います。
上記で紹介しましたTONEモバイルだけでなく、LINEモバイルなどもフィルタリング機能をはじめとする「こども用」のオプションがあります。
使用料を抑えようとするならば、家族を同じ業者で揃えることで家族割などの適用をうけることができ、月額使用料金を抑えることが可能です。

◆まとめ


こどもに携帯を持たせるためのハードルは年々下がってきています。その中で安易に持たせてしまっては、こどもを守る為のハズのモノが危険にさらしてしまうモノになってします可能性があることにはご注意を。子どもに持たせるなら、「子ども用」の携帯・スマホを必ず持たせるようにしましょう。

子どもに安心の格安SIMを今すぐ確認する

コメント

タイトルとURLをコピーしました