格安スマホじゃなくてもOK?!料金を安くする裏技限定公開

・月々のスマホの支払いが高くて困っている
・少しでもスマホの利用料金を安くしたい
・私のプランは使い方にあっているのだろうか

 今回はそうしたお悩みを解決します。

誰でも出来る!?スマホを安くする簡単な2つの方法とは


スマホを安くする方法は無数に存在するでしょう。

インターネットで検索すれば
山の様な情報が見つかるはずです。


ここでは、そんな中でも
「誰でも出来て成果が金額となってすぐ現れる」
以下の2つの方法を紹介します。

1.格安スマホに乗り換える
2.スマホを2台持ちする

詳細は後述しますが、この2つの方法なら、
だれでも簡単に実行することが出来ます。

その上で、安くなった料金を
翌月にすぐ確認することが出来ます。

一番簡単!!格安simにのりかえて高いスマホを安くする


最も単純な方法ですが、
一番効果的な方法でもあります。


現在3大キャリアをご利用中の方は、
契約プランの更新月(解約料金が発生しない月)に
格安simに乗り換えることで料金を安くすることが出来ます。


ただ、この方法には以下の3点の欠点があります。


1.最新機種が使えないので端末の性能が落ちる
2.店舗が少ないのでサポートを受け辛い
3.3大キャリアのような手厚いアフターフォローを受けられない


しかし、この欠点は克服することが出来ます。


まず、最新機種が使いたい方は、
Androidユーザーは、現在3大キャリアで
お使いの最新機種を持ち込んで契約することで
最新機種を格安simで使うことが出来ます。


iphoneユーザーであれば、
Appleストアで最新のiphoneを購入して
持ち込み契約をすることも可能です。


店舗でのプランの紹介や契約後の
アフターフォローを3大キャリアと同等に受けたい方は、
ワイモバイルを契約するという方法があります。


ワイモバイルは、少し他の格安simより
月々の料金が高いですが、
アフターフォローや店舗対応が、
他の格安simとは別格です。


ワイモバイルの取り扱いがある
ソフトバンク店舗でソフトバンクと同等の
サービスを受けることが出来ます。

スマホを増やして安くする!?おトクな2台持ちの方法とは


スマホの利用料金を安くしたいのに、
スマホを増やすとは本末転倒な気もしますが、
実は2台持ちすることで安くする方法があります。


それは、3大キャリアと格安simの
長所を生かす方法です。

3大キャリアは高いと言っても
すべてが高い訳ではありません。


実は通話料金は格安simより
安いことがあります。

反対に格安simはデータ通信、
つまりインターネットやSNSが安くなるように
設定されています。


そのため3大キャリアでは、
もっともデータ通信のギガ数が少ないプランに設定、
通話用のみとして契約します。


その後、格安simでお好みの
ギガ数のプランを契約し、
こちらはデータ通信のみのスマホとして契約するのです。


この組み合わせにより、
それぞれの長所を生かして
結果的に安くすることが出来るのです。


SNSを一番使うという方は、
LINEモバイルがおすすめです。


LINEモバイルはSNSの通信で
プランのギガ数を消費しないという
驚愕のプランがあります。


そのため、純粋に動画を見たり、
ネットサーフィンをしたりということに
ギガ数を使うことが出来るのです。

また、LINEモバイルは端末代金の
割引もあるので、2台持ちに最適だとも考えられます。

高いスマホを安くして月々の支払いを楽にしよう


いかがでしたでしょうか、

今回は、「だれでも簡単に出来る」事に
焦点を当てて紹介しました。

実際この方法を使うと
月々の支払いを誰でも安くすることが出来ます。


当たり前に知っていることのようで
なかなか意識しない方法ですので、

是非お試しください。

UQモバイル新料金プランを検証!アノ格安SIMと徹底比較!!

《格安スマホ》を扱っている会社の《UQモバイル》、
その料金プランが変わりました。

以前の料金プランと比べて安くなったのか?

それとも高くなったのか?

追求していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のことがわかります。

  • 《UQモバイル》の旧料金プランとは?
  • 《UQモバイル》の新料金プランとは?
  • 新旧、どちらがお得か

(1)旧料金プランの解説

料金プランの組み合わせは合計6種類です。

データ通信量で3種類、通話関係で
2種類ありました。

データ通信料と通話料込みの
料金プランとなっているのが特徴です。

プランS/おしゃべりプラン

通常のデータ通信量は2GBで、
増量オプション適用時は3GBでした。

通話に関しては、5分以内の通話が
何度でも無料となっていました。

月額基本料金は2,980円となっていました。

プランS/ぴったりプラン

通常のデータ通信量は2GBで、
増量オプション適用時は3GBでした。

通話に関しては、1ヶ月の合計通話時間が
60分以内ならば無料となっていました。

月額基本料金は2,980円となっていました。

プランM/おしゃべりプラン

通常のデータ通信量は6GBで、
増量オプション適用時は9GBでした。

通話に関しては、5分以内の通話が
何度でも無料となっていました。

月額基本料金は3,980円となっていました。

プランM/ぴったりプラン

通常のデータ通信量は6GBで、
増量オプション適用時は9GBでした。

通話に関しては、1ヶ月の合計通話時間が
120分以内ならば無料となっていました。

月額基本料金は3,980円となっていました。

プランL/おしゃべりプラン

通常のデータ通信量は14GBで、
増量オプション適用時は21GBでした。

通話に関しては、5分以内の通話が
何度でも無料となっていました。

月額基本料金は5,980円となっていました。

プランL/ぴったりプラン

通常のデータ通信量は14GBで、
増量オプション適用時は21GBでした。

通話に関しては、1ヶ月の合計通話時間が
180分以内ならば無料となっていました。

月額基本料金は5,980円となっていました。

(2)新料金プランの解説

料金プランは3種類となりました。

通話に関するプランはなくなり、
データ通信料のみとなりました。

また、データ増量オプションもなくなりました。

プランS

データ通信量は3GBで、
月額基本料金は1,980円です。

定額通話に関してはオプションとなっています。

プランM

データ通信量は9GBで、
月額基本料金は2,980円です。

定額通話に関してはオプションになっています。

プランL

データ通信量は14GBで、
月額基本料金は3,980円です。

定額通話に関してはオプションとなっています。

定額通話に関してのオプションは
2種類あります。

月額700円で10分いないの通話が
無料となるオプションと、
月額500円で1ヶ月の合計通話時間が
60分以内なら無料となるオプションがあります。

(3)プランSで新旧料金プランを比較。

旧料金プランS(ぴったりプラン)と
新料金プランS(オプション:60分以内無料)で
比較していこうと思います。

旧料金プランS

データ通信量は増量オプションが
適用された3GBで、
合計通話時間が60分以内です。

データ通信料と通話料がセットで月額2,980円です。

新料金プランS

データ通信量は3GBで、月額1,980円です。

条件をそろえるためにオプションとして
月額500円の60分以内の通話無料を加えます。

合計で月額2,480となります。

旧料金プランと比べて毎月500円お得になります。

もし旧料金プランのままだと毎月500円、
1年で6,000円も損するのです。

さらに、通話は一切しないという人は、
オプションである定額通話をつける必要がなくなるので、
今までよりも安く抑えることができます。

(4)まとめ

いかがだったでしょうか。

《UQモバイル》の新旧料金プランの違いが
わかったと思います。

旧料金プランは通信料と通話料が
セットであったのに対して、

新料金プランは通話料がオプションとなったので
より安く抑えれるようになりました。

まとめると

  • 旧料金プランは通信料と通話料がセット
  • 新料金プランは通信料が安くなり、通話料はオプションとなった
  • 新料金プランの方が断然オススメ!

    と、いうことです。

《格安スマホ》に乗り換える際の参考になれば幸いです。

●●好きはLINEモバイル?! 使い方で選ぶ格安SIMランキング

LINEモバイル/格安/●●好き

三大携帯会社のスマホ料金は高い!

と感じている人は私を含めて多いと思います。

スマホを乗り換える際に“MNP”ができるようになり、
最近は《格安スマホ》というものも台頭してきました。

そんな《格安スマホ》は、文字通り月額料金が
圧倒的に安くなり、オプションによっては
SNSが使い放題になります。

その中でも、青い鳥がモチーフの
Twitterに焦点を当てて、
ランキング形式で紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって以下のことがわかります。

  • 《LINEモバイル》の特徴とメリット
  • 《UQモバイル》の特徴とメリット
  • 《BIG LOBE》の特徴とメリット

(1)《1位:LINEモバイル》日常生活においてSNSがバンバン使えます!

データ使用量がゼロになる“データフリー”と
いうものがあり、その対象となるサービスが
それぞれの料金プランにあります。

その料金プランはとてもシンプルで、
3種類あります。

その3種類とも《LINEモバイル》という名前の通り、
LINEはデータフリーの対象となります。

本題となるTwitterがデータフリーの対象となる
料金プランは“コミュニケーションフリー”と
“MUSIC+”の2種類です。

また、Twitter以外のSNSもデータフリーとなっており、
Facebook・Instagram・LINE MUSIC(MUSIC+のみ)が対象です。

(2)《2位:UQモバイル》高速モードと節約モードを活用して快適に!

最近、新料金プランが発表され、
もっとシンプルになりました。

新料金プランは3種類で、
プランS(増量オプション適用時3GB)/
プランM(増量オプション適用時9GB)/
プランL(増量オプション適用時21GB)です。

どの料金プランも“UQmobile ポータルアプリ”の
節約モードを使うことによって、
TwitterやFacebookなどのSNSでのデータ消費を
ゼロにすることができます。

また、高速モードを使えばYouTubeなどの
動画視聴も快適です。

(3)《3位:BIG LOBE》自分に合うGBの選択肢が多く動画視聴向け!

TwitterなどSNSのデータ通信量に関する
料金プラン・オプションはありませんでした。

その代わり、You Tubeなどのデータ通量が
ゼロになるオプション“エンタメフリー・オプション”が
ありました。

このオプションは3GB以上の
料金プランを選択すると追加できます。

選択できるデータ容量は
1GB/3GB/6GB/12GB/20GB/30GBの
6種類です。

料金プランは3種類で、
音声通話SIM(音声通話+データ通信+SMS)/
データSIM(データ通信+SMS)/
データSIM(データ通信のみ)です。

(4)メリットが多い1位のLINEモバイル

改めて《LINEモバイル》のメリットを紹介します。

暇つぶしの一環としてスマホを使い、
その中でもTwitterやInstagramを
使うことが多いと思います。

そのTwitterやInstagramがスムーズに、
モード切替などを行わずに
データ使用量がゼロなのは、一番のメリットだと考えます。

ほかにもメリットを挙げますと、
LINEでつながっている友達などに
データ通信料をプレゼントできたり、
三大キャリアの通信回線がそろっているので、
使いたい端末や地域によって選ぶことができたりと、
いろいろメリットがあります。

(5)総合的にまとめると・・・

《LINEモバイル》は主要SNSに対して
データ通信料がゼロで快適にスマホを使うことができます。

《UQモバイル》はポータルアプリを
駆使することによって動画視聴からSNSをこなし、
《BIG LOBE》はYouTubeなどの
動画視聴がデータ通信料ゼロで楽しむことができます。

まとめると、

  • 《LINEモバイル》は主要SNSのデータ通信料がいつでもゼロで毎日楽しく!
  • 《UQモバイル》はポータルアプリで動画もSNSも快適に!
  • 《BIG LOBE》はエンタメフリーに加入で動画視聴のデータ通信料がゼロに!

ということです。  

あなたに合う料金プランが見つかることを願っています。

LINEモバイル/格安/●●好き

格安SIM人気3社を徹底比較!3GB+SNSで2000円台の正体は

LINEモバイル/格安/格安SIM人気

CMなどでよく見かける《格安スマホ》。

私はその《格安スマホ》がどういう物なのか、
そしてそれを扱う会社はどこが良いのか気になり、
調べてみました。

調べた会社は、
本田翼さんが出演している《LINEモバイル》、
バイキングの2人が出演している《BIG LOBE》、
深田恭子さん・多部未華子さん・永野芽郁さんが出演している
《UQモバイル》の合計3社です。

この記事を読むことによって、
以下のことがわかります。

こんな悩みを一発解決!
  • そもそも《格安スマホ》とは?
  • どこの会社が優れているの?
  • おすすめの会社は〇〇!

(1)そもそも《格安スマホ》とはいったい?

docomoやsoftbank・auといった三大携帯会社が
持っている通信設備を借りることによって、
通信設備などの維持費が最小限に抑えることができ、
その効果として利用者の月額料金を
抑えることができるのです。

また通信設備の一部を借りているため、
データ通信が混むエリアや時間帯では
通信速度が低下しやすくなるといった
デメリットも存在します。

ですが、このデメリットも
《格安スマホ》が普及するにつれて
解消されていくと思います。

(2)これを知っておくと《格安スマホ》がお得に便利に!?

《格安スマホ》に乗り換える際に
知っておいた方が良いことを紹介します。

場合によっては通常価格より
安くお得になるかもしれません。

公式サイトでキャンペーンをチェック!

自分が乗り換えようとしている会社の公式サイトで、
キャンペーンなどの情報をチェックしましょう。

最新機種が格安で購入することができたり、
月額料金が割引になるかもしれませんよ。

現在使用している電話番号をそのまま移行!?

MNPという制度を利用します。

現在契約している会社に問い合わせて、
“MNP予約番号”を発行してもらい、
契約したい会社に持って行くだけです。

電話番号を変更せずに済むため、
会社や知人などに知らせる必要がなく、手間が省けます。

現在使用しているスマホもそのまま使用可能!?

現在使っている機種によりますが、
《格安スマホ》に乗り換える際に、
《格安SIM》だけで済ますことできます。

スマホの使い勝手はそのままで、
新しく端末を購入する必要がないので、
費用を抑えることができます。

現在使っている機種が会社のSIMに
適合しているかどうかは公式サイトで
確認することができます。

(3)3社比較!おすすめは●●モバイル?!

比較するための条件として、
以下のように定めます。

ただし、期間限定のキャンペーンなどの割引は含めません。

  • データ使用量は“3GB”
  • 動画やSNSをたくさん使いたい
  • 電話は短時間で何回も

では条件に合う料金プラン・オプションを
紹介・比較していこうと思います。

《LINEモバイル》

条件に合う料金プランは、
《コミュニケーションフリー(音声通話SIM)》の
3GBで、月額1,690円です。

データフリーの対象となるサービスは、
《LINE・Twitter・Facebook・Instagram》と
なっています。

《You Tube》は対象外となっています。

条件に合うオプションは
《10分かけ放題》で月額880円となっています。


10分以内の電話が何回も無料となっているオプションです。

合計の月額料金は2,570円です。

《BIG LOBE》

条件に合う料金プランは、
《音声通話SIM》の3GBで、月額1,600円です。

音声通話とデータ通信・SMS機能があります。

条件に合うオプションは
《BIG LOBEでんわ 10分かけ放題》と
《エンタメフリー・オプション》です。

それぞれ月額830円と月額480円です。

エンタメフリーの対象となるサービスは
多岐にわたり、《You Tube》や《AbemaTV》などがあります。

合計の月額料金は2,910円です。

《UQモバイル》

条件に合う料金プランは《おしゃべりプラン》の
プランS(=3GB)で、月額2,980円です。

通話料もプランに入っていて、
5分以内の電話が何回でも無料となります。

条件に合うオプションはなく、
加入する必要はないと思います。

合計の月額料金は2,980円です。

おすすめの会社

それぞれの会社で、
条件に合う料金プラン・オプションを紹介しました。

今回の条件でのおすすめの会社は《LINEモバイル》です。

月額料金が最も安く抑えることができ、
《YouTube》には対応していませんでしたが、
そのほかの主要SNSはデータフリーなので、
快適にスマホを使うことができると思います。

(5)総合的なまとめ

いかがだったでしょうか。

それぞれの会社によって特徴が違うのが
かったと思います。

あくまで今回の条件では、
《LINEモバイル》が1番良かったと思います。

まとめると、

こんな悩みを一発解決!
  • 公式サイトで最新情報を要チェック!
  • どこの会社の料金プランも魅力的!
  • 今回の条件では《LINEモバイル》がおすすめ!

ということなのです。

あなたの快適なスマホ生活が送れますように。

LINEモバイル/格安/格安SIM人気

モバイルバッテリーと●●でスマホ充電切れを防ぐ奇跡の裏技

・スマホは便利だけどすぐに充電が切れる
・スマホは充電に時間がかかる
・スマホは肝心な時に充電が切れてる

 この記事では、このようなお悩みにお答えします。

モバイルバッテリーは不要!!コンセント付きカフェの探し方


昨今は、コンセント付きのお店が増え続けています。


しかし、お住まいの近くのどこにあるか
分からないという方も多いでしょう。


そんな時は、インターネットの出番です。


今回紹介する方法は次の3点です。

1.Googleの検索窓に「コーヒー コンセント」と打ち込む


非常にシンプルで効果的な方法です。

位置情報の利用を許可していれば、
近くのコンセント付きカフェを紹介してくれます。

2.ドトールコーヒーの公式ホームページで店舗を検索する


外出先にドトールがある方はラッキーです。

ドトールコーヒーでは、
公式ホームページでコンセント付き店舗を
検索することが出来ます。

検索条件で指定するだけなので非常に簡単です。

他にも今話題のキャッシュレス等
様々な条件指定が出来ます。

3.モスバーガーの公式ホームページで店舗を検索する


カフェではありませんがモスバーガーも
公式ホームページでコンセント付き店舗を
検索することが可能です。

「店舗を探す」→「サービスから探す」と
ホームページ内で検索していくことで
店舗を探すことが出来ます。

ファストフードとしては賛否両論ある
モスバーガーですが、コンセント付きを
検索できるのは意識が高いチェーンだと言わざる負えせん。


今回は3点のみ紹介しましたが、
方法は他にも無数にあるでしょう。


しかし、強くお勧めする方法は、
チェーン店の公式ホームページで検索する方法です。


個人サイトの特集では、その店舗が
無くなっている可能性がありますが、
公式ホームページならその心配もありません。

ちょっとカフェで充電!?スマホを高速充電する方法とは


コンセント付き店舗を見つけたら、
次は「高速充電」です。


スマホによって最適な充電器は違うので、
ここでは具体的な商品紹介は避けますが、
Amazonの検索窓で「高速充電器」と検索すると
大量の高速充電器を見ることが出来ます。


早いものですと、30分で50パーセントほど
充電出来るので、ご自身のスマホにあった
高速充電器を探して見てください。


コーヒーを飲んだり、ハンバーガーを
食べている間にスマホが半分以上
充電出来ていれば安心ですよね。
 

重い物は持ちたくない!!軽量モバイルバッテリーの活用方法


充電するためにわざわざ店舗によるのは
時間がもったいない方もいらっしゃると思います。


そんな時は、やはりモバイルバッテリーの出番です。


ただ、モバイルバッテリーには
重いものやバッグの中で幅をとるものも
ありますよね。


しかし、現在は非常に薄型で、
さらにカラビナでズボンにぶら下げる
ケース付きの充電器が販売されています。


商品によっては、ケースの無いにスマホと
モバイルバッテリーを入れて充電できる物もあります。
(公式に紹介されている使い方ではありません)


Amazonの検索窓で「モバイルバッテリー 薄型」と
検索すると大量の薄型モバイルバッテリーが
紹介されています。


専用ケースが存在する商品は、
商品ページを開くと関連商品として紹介されています。

iphoneの充電が遅い!!apple純正Lightningケーブルの真の力


apple純正Lightningケーブルは高いですよね、

コンビニで売っている他社製品の方が
はるかに安い場合があります。

しかし、iphoneユーザーにはあえて
apple純正Lightningケーブルをお勧めします。

理由は早いからです。

詳しい原因は不明ですが、iphoneの場合、
純正品でないと素早い充電が
出来ないことがあります。

どこでもフル充電!!スマホを最大限活用しよう

いかがでしたでしょうか、

モバイルバッテリーを持ち歩ける方も
持ち歩けない方も現在は、
スマホを充電できる環境にあふれています。

店舗で充電される方は、是非店舗に入る前に
バッテリーが切れる寸前のスマホで
コンセント付き店舗を検索してみてください。

モバイルバッテリーを探してある方は、
是非薄型軽量大容量のモバイルバッテリーを
探して見てください。

ユーキューモバイルで料金増?!格安スマホで大失敗の原因とは

UQモバイル/格安/ユーキュー

格安スマホの利用者が徐々に増えてきて、
大手携帯会社の月額料金よりお得になった人が
多いと思います。

しかし、場合によっては大手携帯会社の
月額料金より高くなってしまうことも・・・!

これでは本末転倒です。

そんな月額料金が安いと謳っている
《格安スマホ》に乗り換える際、
後悔しないようにするための注意点を紹介します。

この記事を読むことによって、
以下のことがわかります。

こんな悩みを一発解決!
  • 月額料金が以前より高くなってしまう理由
  • 最適な料金プラン・オプションの選び方
  • なぜUQモバイルがおすすめなのか

(1)通話料が以前より高い!これが1番の要因!

大手携帯会社で契約していたとき、
料金プラン・オプションによっては家族間の
国内通話料がゼロになっています。

その中でも頻繁に、長時間電話を
していた人は要注意です!

《格安スマホ》の通話料は相場として、
30秒あたり20円です。

仮に1ヶ月30日として、
毎日5分(=300秒)電話をした場合、
1ヶ月6,000円もかかってしまいます。

あくまでこれは5分という短い時間で
計算した場合です。

しかし現実的に考えると、
5分以上の通話・会話はとても多いと思います。

それが家族間であるならなおさらです。

毎日10分とした場合は単純計算で2倍、
すなわち12,000円もかかり、
自分の懐にダイレクトに来ます。

(2)本当に自分に合っている?データ通信料!

自分が1ヶ月に使うデータ通信量(=GB)の
平均を把握していますか?

そしてどのアプリ・サービスがどれくらい
占めているのかも把握していますか?

それらが把握できてないと
無駄に出費が増えたり、
また必要なときに通信速度制限がかかってしまい、
とてつもなく嫌な思いをいてしまいます。

《格安スマホ》を扱う会社の料金プランは
大手携帯会社のと比べて確かに安いですが、
データ通信量を多く契約した場合、
適切なデータ通信量と比べて
最低毎月1,000円違います。

1年間続くと合計12,000円高くなってしまいます。

(3)その高機能な端末は本当に必要?場合によっては・・・!

《格安スマホ》に乗り換える際に、
携帯端末とSIMをセットで購入すると
通常価格より安く手に入ることが多いです。

その携帯端末が高性能であった場合、
使いにくいと感じてしまう人がいます。

高性能であるが故の使いにくさから、
性能を落とした新しい携帯端末を購入し、
余計な出費が増えてしまうことが多々あります。

(4)自分に合っている料金プラン・オプションを選びましょう!

余計な出費を限りなく減らすために、
最適な料金プラン・オプションの選び方を
解説します。

改めて説明しますと、《格安スマホ》で
月額料金が高くなってしまう一番の理由が
“通話料”です。

それらを踏まえると、
月額料金を抑えるためには“4項目の把握”が
必要で、これらの4項目を把握できると
費用を最小限に抑えることができると思います。

  1. 1ヶ月のデータ通信量がどれくらいか把握する
  2. そのデータ通信量の振り分けを把握(このアプリで〇〇GBなど・・・)
  3. 1回の通話時間の平均と1ヶ月間の通話時間の合計の把握
  4. 自分が使っている携帯端末のスペックの把握

この4項目を把握したら、《格安スマホ》に
乗り換えです。

格安スマホ》の会社でおすすめしたいのが
《UQモバイル》です。

(5)《UQモバイル》がおすすめの理由とは?

なぜ《UQモバイル》がおすすめなのか説明します。

扱っている料金プランは3種類のみで、
データ通信料・通話料がセットとなっており、
使っていないGBを翌月に繰り越すことができるのです。

料金プランは、

  1. プランS(おしゃべりプラン)

月額基本料金は2,980円で、2GBです。

5分以内の通話が何回でも無料となっています。

  1. プランS(ぴったりプラン)

月額基本料金は2,980円で、2GBです。

1ヶ月の合計通話時間が1時間以内なら
無料となっております。

  1. プランM(おしゃべりプラン)

月額基本料金は3,980円で、6GBです。

5分以内の通話が何回でも無料となっています。

  1. プランM(ぴったりプラン)

月額基本料金は3,980円で、6GBです。

1ヶ月の合計通話時間が2時間以内なら
無料となっております。

  1. プランL(おしゃべりプラン)

月額基本料金は5,980円で14GBです。

5分以内の通話が何回でも無料となっています。

  1. プランL(ぴったりプラン)

月額基本料金は5,980円で、14GBです。

1ヶ月の合計通話時間が3時間以内なら無料となっております。

さらに、今現在、キャンペーン中で
月額基本料金が1,000円割引となっており、
増量オプションが最大2年間無料となっています。

(6)まとめ

いかがだったでしょうか。《格安スマホ》に
乗り換える際の注意点がわかったと思います。

《UQモバイル》は余ったGBを翌月に
繰り越せるので、通話料重視で良いと思います。

まとめると、

こんな悩みを一発解決!
  • 4項目を把握して、費用を最小限に!
  • 《UQモバイル》の料金プランはわかりやすい!
  • 通話料で考えて、余ったGBは翌月に!

と、いうことです。   

あなたの快適なスマホ生活が送れますように。

UQモバイル/格安/ユーキュー

ダウンロードが遅い!?重いスマホ動作を劇的に軽くする裏技

こんな悩みを一発解決!

・スマホは便利だけど重い
・どんどん動きが悪くなる
・動きの重いスマホを何とかしたい

ここでは、こんな悩みを解消します。

iphoneとAndroid共通!!バックグラウンドのアプリを停止させる方法

スマホが重い場合、第一に考えることは
iphoneもAndroidも同じです。

バックグラウンドで動作しているアプリが
動作していないか確認します。


「バックグラウンドで動作しているアプリ」とは、
アプリを閉じてホーム画面に戻っても
いつでも閉じた時点でアプリを起動できるように
アプリを待機させた状態の事です。


非常に便利な機能であると同時に
この待機状態のアプリが、スマホの動作を
遅くさせる原因になっています。


頻繁に確かめていないと、
一日で10個以上のアプリが待機していることも
あります。


停止方法は、iphone8以前であれば、
ホームボタンを2連続で押すとバックグラウンドの
アプリが表示されます。


iphoneX以降であれば、画面の下端から
画面中央付近まで縦にスワイプすると、
バックグラウンドのアプリが表示されます。


Androidであれば、画面の下端に四角の
マークがあるのでその部分をタップすると
バックグラウンドのアプリが表示されます。


このアプリを左右にスワイプすることで、
バックグラウンドのアプリを停止することが出来ます。

流行の断捨離をスマホにも!?アプリを整理して軽くする方法


最もシンプルで効果的な方法です。

便利そうだから入れてみたアプリを
実はしばらく使っていないということは無いでしょうか。


そんなしばらく使用していないアプリを
削除していくことでスマホを軽くすることが
出来ます。

部屋の片づけと同じイメージです。


iphoneであれば、ストレージがいっぱいに
なってくる通知が来るので通知をタップすることで、
しばらく使用していないアプリを
クラウドに移してくれます。


クラウドに移したアプリには
雲のマークが付き、使いたいときはタップすることで
再ダウンロードすることが可能です。

一番の盲点!?ダウンロードしたビデオ削除して軽くする方法


昨今、動画配信サービスが普及していますので、
利用してある方も多いのではないでしょうか。


データ通信量を節約するために
Wi-Fiの環境でビデオをダウンロードして、
持ち歩いているかもしれません。


実は一番の盲点かもしてませんが、
このビデオがたまっている方が意外と多いのです。


ただ再生しているつもりが、実は
ダウンロードボタンに指が当たっている
ということもあります。


複数の動画配信サービスを利用されている方は、
以前ダウンロードしてそのまま放置していることも
ありますので特に注意が必要です。

思い出はスマホの外に!?写真を移してスマホを軽くする方法


一番スマホにたまっている可能性があるのは写真です。


一枚一枚はたいしたことありませんが、
たまってくるとストレージを圧迫する可能性があります。


長年スマホを使用している方は、
代替わりするたびに初めの方から写真が
たまり続けている可能性があります。


特に、iphoneユーザーは他のIOSデバイスで撮った写真が
集まって重くなることもあります。


スマホにも対応しているUSBメモリも
ありますので、そういった外部のデバイスに
写真を移すことで、消さずに容量を開けることが出来ます。


AndroidであればマイクロSDカードに移すことも可能です。

スマホを軽くしてスマホをフル活用しよう!!


いかがでしたでしょうか、

当たり前の様で実は気にしていないことも
意外と多いものです。

特にスマホに変えたばかりの方は、
「バックグラウンドのアプリ」という概念自体
無いので一番待機しているアプリが
多い可能性があります。

私も、スマホにしたばかりの時は
限界いっぱいにバックグラウンドのアプリが
たまっていてスマホに警告が表示されたことがあります。


是非ご自身のスマホをチェックしてみてください。

MNP

使い方で料金増?!格安LINEモバイル契約時の3つの注意事項

LINEモバイル/格安/使い方

大手携帯会社の月額料金に不満を抱え、
《格安スマホ》に乗り換える人が段々と増えてきています。

そんな中で《格安スマホ》を扱っている
《LINEモバイル》での契約時に関する注意点を解説します。

この記事を読むことによって以下のことがわかります。

  • 格安スマホ契約時の注意点
  • 各種費用を抑える方法
  • 最適な料金プランろ選び方

(1)料金とプランに関する注意点

初期費用としての端末購入費について

《格安スマホ》に乗り換える際に、
現在使っている携帯端末をそのまま使うか、
もしくは使わないかを考えると思います。

もし現在の端末を使わない場合、
新しく使う端末を購入する必要があります。

月々の通話料について

料金プランを選択する際に“音声通話SIM”で
契約すると、通話時間30秒あたり
20円かかります。

もうひとつ“データSIM”というのもありますが、
音声通話機能がないので、
アプリを入れても通話することは不可能です。

データフリーの対象外となるSNSとは

選択する料金プランによっては
データフリーの対象外となるSNSがあります。

料金プランは3種類あります。

“コミュニケーションフリー”では
LINE・twitter・Facebook・instagramを除く
SNSが対象外となります。

“LINEフリー”ではLIMEを除くSNSが
対象外となります。

“MUSIC+”ではLINE・twitter・Facebook・
instagram・LINE MUSICを除くSNSが対象外となります。

(2)端末購入費を抑える方法

解決方法としてはキャンペーンを
利用することがあげられます。

今回のキャンペーンですと、WEBでの購入で
格安スマホが最大半額となります。

こういった《LINEモバイル》でのキャンペーンでは
人気の機種がお得に買うことができるのです。

(3)通話料金を抑える方法

解決方法としては2通りあります。

オプション「10分電話かけ放題」

月額880円で追加できるサービスで、
アプリの「いつでも電話」を使うことによって
10分以内の電話なら何度でも無料となります。

アプリ「いつでも電話」

アプリ「いつでも電話」を使うことによって、
通常30秒で20円かかる通話料が半額になり、
30秒で10円となります。

(4)最適な料金プラン選択方法とは

自分に最も適している料金プランの選択方法を紹介します。

まず「1ヶ月のデータ使用量とアプリごとの割合」
スマホの使用目
的」を把握します。

1ヶ月のデータ使用量を5GBと仮定して、
その内訳のうち2GBがLINEなどのSNSとします。

スマホの使用目的はLINE・twitterを
楽しむこととした場合、《LINEモバイル》では
金プランのなかにデータフリーがあるので、
通常5GBの料金プランですが3GBで十分になります。

(5)総合的にまとめると

《LINEモバイル》だけでなく
全部の携帯会社に言えることですが、
やっぱりかかる費用は安く抑えられた方がいいですよね。

《LINEモバイル》で費用を抑えるには、

  • キャンペーンを最大限に利用する
  • アプリの「いつでも電話」を使用する
  • データ使用量・目的を把握

する必要があります。 

LINEモバイル/格安/使い方

乗り換えなら格安sim?通信費削減の秘訣はキャリア選びと●●

UQモバイル/格安/乗り換え

格安SIMとはMVNOとも呼ばれ、
LINEモバイル、UQモバイル、OCN、
ビッグローブなどの会社がサービスを提供しています。

大手キャリアの回線を借りて運営をしているため、
それらと比べて半額以下になるプランが多く、
通信費の節約を考えている人におすすめです。

まずは、いくつかある格安SIM会社の中で、
「UQモバイル」について解説していきます。

・「UQモバイル」2019年10月からの新料金プランは?

・月額1980円から利用が可能!?

・格安SIMの通信速度が気になるときは

UQモバイル/2年間の契約縛りのない新料金プランが誕生!

これまでUQモバイルでは、2年間の契約の縛りがあり、
解約時には違約金がかかりましたが、
2019年10月1日より、契約縛りのないプランが新登場しました。

このような解約時に違約金のかからないプランを
開始した格安SIM会社はいくつかあります。

新料金プランの登場によって、
これまで無料通話込のプランであった
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」が
、9月30日をもって新規契約終了になります。

既にUQモバイルを契約中の人は、
9/24から新プランへの変更も可能です。

新料金プランでは、通話料がオプションプラン化され、
30秒あたり20円の通話料金が必要になりましたが、
Wi-Fiを使って、LINEやSkypeなどで電話を
利用するならば、これまでの料金プランと変わらない料金で
利用することができます。

UQモバイル/月額1980円で利用可能!家族割なら1480円に!

UQモバイルでは、1か月3GBで、
月額1980円で利用できるプランがあります。

家族割を適用すると、主回線以外の契約プランすべてが
500円割引になり、月額1480円で利用が可能です。

3GBプランの「プランS」は月額1980円~、
9GBの「プランM」は2980円~、
14GBの「プランL」は3980円~利用が可能です。

データ通信料は、翌月に繰り越すこともできます。

通話料金は、30秒あたり20円で、
通話のオプションプランを追加できます。

1回10分まで国内通話がかけ放題の「かけ放題プラン」が
月額700円、1か月に60分=2400円分までの国内通話が無料の
「通話パック」は、月額500円で利用できます。

格安SIMは通信速度が気になる人に!15日無料トライアル

格安SIMは通信費が大幅に抑えられますが、
一方で通信速度が気になる人も多いと思います。

実際に朝の通勤電車など、場所や時間帯によっては
速度が落ちることもあるようです。

そういった心配があるけれど、格安SIMも気になる
という人向けに、「UQモバイル」では
現在、15日間の無料お試しができます。

14:30までに申し込めば、当日の受取・配送が可能で、
自宅にSIMカード・スマホを届けるか、
最寄りの店舗に取りに行くかのどちらかを選ぶことができます。

但し、トライアルしたスマホは一旦返却し、
再度購入が必要になります。

UQモバイルへの乗り換えでお得なことは!?

・LINEやSkypeなどを利用して通話すれば、月額1980円~利用可能!

・家族割を適用すれば、さらに月額1480円~に!

・格安SIMの通信速度が気になる場合は無料トライアルを!

UQモバイル/格安/乗り換え

5Gでスマホ料金削減?!データ容量、通信速度のメリットは


・5Gってそもそも何?
・始まるのはいつから?
・どこの携帯電話会社が使えるの?

ここでは、こんな悩みを解決します。

WIFIはもう要らない!?次世代移動通信5Gのすべてを大公開!!


次世代移動通信5Gとは、今使われている
4G(LTE)よりもすべてにおいて
高速になった通信技術の事です。


厚生労働省によると、最高伝送速度が
4Gの100倍・接続機器数が4Gの100倍・
通信の遅延が4Gの1/10となっています。


つまり、今の4Gの100倍速く、
100倍つながって、ほぼリアルタイムの通信が
可能になるということです。


自宅の中に100個の端末があっても、
それぞれがインターネットにつながれる
ということにもなります。


数字ばかりではイメージが湧きませんので、
例を紹介すると、スマホで映画を見ようというときに
2時間の映画を3秒でダウンロード出来るそうです。


車の自動運転・ロボットの操作等、
いろんなことに応用できるようです。


4Gの100倍も早くデータが送れるということで、
「もうWIFIはいらない」と考える人まで居ます。


IoTによる新時代は、今とは全く
違ったものになっているかもしれません。

5Gの開始はいつから?5G導入の進み具合徹底調査!!


実は、アメリカや韓国は、
すでに5G の導入を開始しています。


では、日本ではどうなのでしょうか?


総務省は、5Gの開始の目安を2020年と
発表しています。

遠いように感じますが、あと3か月で年も明けます。


実はIoTによる新時代は
手の届くところまで来ているようです。


大手携帯電話会社である、3大キャリアは
3社っそろって2020年春の導入を発表しています。


国が、5Gの整備を整えた瞬間、
大手の携帯電話会社は導入を開始するようですね。


ただ、導入を開始しても住んでいる地域で
使えなければ意味はありません。


通信エリアはどうなるのでしょうか。

インターネット上では、通信エリアについて
様々な情報が飛び交っています。


実は現在総務省や携帯電話会社から
公式に公開されている情報の中では、
5Gのエリア情報はございません。


山などが多い日本ですので、
どのくらいの範囲で使用可能なのかは
非常に気になるところです。

今のスマホは買い替え!?5Gは格安SIMでも使用可能か


現在判明している情報では、
現在我々が使用しているスマホは、
すべて4G用ですので残念ながら5Gを使うことは出来ません。


もし今後、SIMや端末で何も手が打たれなければ、
5Gを使うには、スマホを買い替えなくてはならなくなります。


現在、最新機種を販売していない格安SIMでは、
別途購入した端末を持ち込まないと
5Gを使用できない期間が発生するかもしれません。

5Gが生み出す未来を想像しながら2020年春まで待とう!!


いかがでしたでしょうか、

世間で騒がれもう目の前まで
迫っているかのような5G導入ですが、
実は公式に発表されている情報は
それほど多くはありません。


しかし、5Gの性能やもたらす可能性などについては、
総務省や携帯電話会社の公式発表が多数あり、
実験段階ではかなり完成に近づいていることが分かります。


是非、そのような情報で
心を躍らせながら2020年春を待ちましょう。