乗り換えに不要?!格安SIMでSIMロック解除しなかった結果は

現在使っているスマホを流用して、
通信料を下げたい場合におすすめなのが
格安SIMへの乗り換えです。

大手携帯キャリアで購入したスマホは
そのまま格安SIMでも利用できるのですが、
SIMロック解除をすることで
利用の幅が広がります。

こんな悩みを一発解決!

・SIMロックってそもそも何?
・SIM解除をするとどんなメリットがあるの?
・SIMロック解除の具体的な方法は?

これらの疑問点について、これから解説を行っていきます。

SIMロックってどんな制限なの?

大手携帯キャリアで購入した端末は、
基本的にSIMロックというロックが掛けられています。


SIMロックとは、端末の購入元の
キャリアの通信しかできないようにする
制限のことで、例えばauで購入した
スマホであれば基本的にはau回線の
SIMカードを挿さなければ利用できません。

SIMロック解除をせずに格安SIMへ乗り換えをする場合、
基本的には端末の購入元のキャリアと
利用する格安SIMがどのキャリアの回線を
利用しているかを確認し、一致させることが大切です。

ドコモで購入したスマホを流用する場合は
ドコモ回線の格安SIMを選ぶ必要がありますし、
auで購入したスマホならau回線の格安SIMを、
ソフトバンクで購入したスマホを使う場合には
ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶ必要があるのです。

SIMロック解除を行うメリットは?


SIMロック解除を行うと、
基本的にはどこで購入した端末に
どのSIMカードを挿しても通信可能となります。


ソフトバンクで購入したiPhoneに
ドコモ回線の格安SIMを挿しても
通信可能となるため、格安SIMへの乗り換えが
圧倒的に楽になりますし、
乗り換え先の選択肢が非常に多くなります。


現在MVNOのほとんどが
ドコモから回線を借りてサービス提供を
行っているので、特にauやソフトバンクで
購入した端末を流用しようと考えている場合に
メリットが大きいと考えられます。

SIMロック解除の条件と方法

各キャリアとも2015年5月以降に販売された端末で、

端末代金がきちんと支払われていて、
購入から101日が経過している場合
(端末を分割で購入した場合)にはS
IMロック解除が可能です。

SIMロック解除は各キャリアの
マイページにログインして
SIMロック解除の申込みを行うか、
ショップの店頭窓口で手続きを行うことですぐに完了します。


なお、WEBで申込みをした場合には
手数料はかかりませんが、ショップの店頭窓口で
申込みをした場合には3,000円+税の
手数料がかかるので、できる限りWEBから
申込みを行うことをおすすめします。

まとめ


端末を流用して格安SIMへ
乗り換えをする場合、必ずしも
SIMロック解除は行う必要はありませんが、

こんな悩みを一発解決!

・SIMロック解除を行うとより楽に格安SIMへ乗り換えができる
・乗り換え先の選択肢が飛躍的に増える
・auユーザーやソフトバンクユーザーには特にメリットが大きい

などの利点があるため、
できる限りSIMロック解除を行うことをおすすめします。