子ども用格安SIM TONEが危険?最大のデメリットは●●非対応

子どもに安心の格安SIMを今すぐ確認する

子供達の安全のための送り迎えの連絡、居場所の確認連絡等を考えた時に、子供達との連絡手段としてスマホを持たせるタイミングを検討する親御さんも多いかと思います。
私もその一人で、色々検討しました。

・キッズ携帯を契約
・大手キャリアで大人同様の契約
・格安SIMでフィルタリングの契約

上記の可能性を子供の安全性と利便性と安さから考えて、比較検討してみました。

キッズ携帯とは

 大手キャリア3社からでている、子供の緊急連絡用ツールです。セコムと提携していたり、防犯ブザーの機能もあり、帰宅を知らせるアラームがあったり、ワンタッチで親に連絡できるボタンがあったり。前提として親が大手キャリアで契約していることがあって、追加契約で+500円?1000円程度の月額料金が発生します。これは保育園幼稚園生の子供達のバックにつけてもたせて、うっかり目を離してしまった時の居場所が分からなくて心配、などそういう時に有効なようです。年長さんくらいになると、電話をかけれたりすると思います。
格安SIMの契約で、LINEモバイルのLINEフリーのプランだと、同程度の安心と、連絡がとりやすい利便性も少し兼ねられます。月額は1000円程度ですし、小学生低学年にちょうどいいかもしれません。

大手キャリアでの追加契約

 こちらも大手キャリアに親が契約していた方が有効です。家族割、学割等、大手キャリアは色んなキャンペーンを打ち出しています。容量も大きいことが多く無制限だったり、定額使い放題や、通信速度に関しても速さを競う程なので使用感、利便性に関しては文句なしだと思います。ですが、ネックなのは料金です。なんとか一番安くしても、ドコモのキャンペーンを駆使して期間限定で3500円程度の契約が最安となると思います。auやソフトバンクでは最低でも5000円?6000円は毎月かかってしまいます。それに追加でSIMロックがかかっている端末を分割購入することになるのでもう少しプラスで月額はかかってしまいます。
そして、子供達に持たせることを念頭に考えると、定額使い放題も考えものです。どんどんお金がかかってしまうのが怖くて定額使い放題にする気持ちは痛い程理解できますが、その状態を子供に与えるのは、際限なく使える世界って大人ですら自分で制御できないこともあるのに大人の知らないところで、子供達にその世界を与えるのはどうなのかと思ったりもします。

そこで登場、MVNO!

 携帯業界の自由競争化のおかげでMVNOが登場し、私達消費者からすると選択肢が格段に増えました。そのおかげで、3GBくらいの容量で1500円?2000円程度で、居場所を確認できたり、連絡が取れたり、SNSを使えたり、でも有害サイトはシャットアウトできたりと、利便性と安全性はとても良好だと思います。月額の安さは大手キャリアと比べると明らかに安く、親としても導入しやすい価格帯です。ここでのデメリットは、通信速度でしょうか。大手キャリアと比べるとやっぱり遅くなってしまうかと思います。ですが、お家がWi-Fi環境下ならば、ダウンロードやアップロードは親といるお家の時と制約できるし、外での安全性や連絡手段としても保てますし、問題ないように思います。

・利便性で考えると大手キャリアが強いけど、使いやすいことで子供達への弊害も
・キッズ携帯、MVNOは年代別で持たせるとgood
・格安SIMのデメリットは通信速度、でも子供に持たせるなら良い制約になり得る

ということで、大人が使うとしてもWi-Fiとの併用で利便性や価格にあまり難のないMVNOは、通信速度のデメリットがあるとしても、子供達にもたせる分には問題にはならないと考えます。これから5Gの時代もやってきますから、通信速度に関してはこれ以上遅くなることもなく、良くなる可能性しかないように思います。mvnoに死角なしといっても過言ではないでしょう。

子どもに安心の格安SIMを今すぐ確認する

コメント

タイトルとURLをコピーしました