小学生は危険度MAX?子どもスマホデメリットランキング大公開!

子どもにスマホを持たせたい。

子どもがスマホを欲しがっている。

小学生の子どもにスマホを持たせるのは心配!!

そのような悩みを抱えていませんか。

こんな悩みを解決します!!
・子どもにスマホを持たせるデメリットって?
・どんな対策を講じれば、安全に持たせることができる?
・子供のスマホデビューにおすすめのスマホ会社は?

ここでは、これらの不安点や疑問点に応えるべく、
詳細などを詳しく解説していきます。

小学生も多数が所持!?子どもにスマホは必要なのか?

私たちの生活の必需品であり、重要な
コミュニケーションツールであるスマホ。

近年スマホは、
小学生の所持率が高くなってきています。

そして、その傾向は、
学年が上がるほど顕著になります。

実際に小学校高学年になると、
「安全や連絡のために子どもにスマホを持たせたい」
と考える保護者が増えてきます。

或いは、友だちに影響されて
「自分もスマホが欲しい」と
おねだりする子どもも現れます。

では、実際にスマホを持つと、
どんなデメリットがあるのでしょうか。

ランキング形式で確認してみましょう。

小学生は要注意!!子どものスマホ使用デメリットランキング

スマホの普及にともない、
小学生でも多くの子どもがスマホを持っています。

しかし、
いまだ低年齢である小学生がスマホを持つ場合、
リスクも高くなってきます。

では、実際にどういったデメリットがあるのか
ランキングで確認してみましょう。

第3位:家計を圧迫!!負担増を減らす方法は?

まず気になるのが、家計への負担です。

大手携帯キャリアの場合、
毎月の通信量が1GB未満であれば
端末代と合わせて毎月4,000円程度で
スマホを持つことは可能になります。

しかし、Wi-Fiのない環境下で使っていると
すぐに1GBをオーバーしてしまいますし、
iPhoneなどの人気機種は端末代が高額です。

そのため、新たに子どもにスマホを持たせると、
毎月およそ5,000円~7,000円程度の
固定支出が増えてしまいます。

こうした家計への負担は
子育て世代にとって、大変キツイものです。

第2位:学業成績が低下!!対策に効果的なのは

スマホを持つと、多くの小学生は
ほぼ例外なくゲームをします。

また、SNSのチェックなど
暇さえあればスマホを弄るようになります。

特にスマホゲームは中毒性が高く、
注意が必要です。

スマホの弄り過ぎで
勉強時間や睡眠時間が減り、
学業成績の低下が懸念されます。

これは、成績低下だけでなく、
スマホ依存の恐れも招きます。

第1位:我が子が犯罪被害者に!!子どもを守るために大切な事は

最も大きいデメリットが
犯罪に巻き込まれてしまうリスクです。

SNS等では
子どもをターゲットにした悪質な大人から
連絡先などを訊かれることもあります。

また、有害サイトや詐欺サイトなどに
アクセスしてしまい金銭的なトラブルに
巻き込まれるなどの事案が実際に発生しています。

それだけでなく、
SNSを利用したイジメに巻き込まれてしまうことも
身近な不安として挙げられます。

小学生でも安心!!スマホデメリットの最適な解決策とは

ランキングでも見たように、
小学生がスマホを持つデメリットには、
犯罪やイジメ、スマホ依存症、家計への影響など
様々な事象があります。

しかし、これらのデメリットは
ちょっとした心がけとスマホ使用時の工夫で
簡単に解消できます。

小学生スマホに必須!!子どもを犯罪から守る秘訣

例えば、
ランキング1位の「犯罪に巻き込まれる可能性」。

これには、見知らぬ他人や業者からの接触を
フィルタリングサービスを利用することで
シャットアウトできます。

フィルタリング設定は
小学生などの低年齢の子どものスマホ利用時は
必ず利用すべきサービスです。

成績低下を阻止するたった1つのポイントとは

また、ランキング2位である
「学業成績の低下」を招くスマホの使いすぎも
フィルタリング機能によって
コントロールが可能です。

夜10時以降は通信ができないようにする、
最初にルールを決めてスマホを与えるなど、
親が適切に管理することで、
リスクを限りなく0にできます。

格安SIMなら本当に安心?家計とスマホにまつわる真実

ランキング3位の「家計への負担」は
どのように軽減させればよいのでしょうか。

大手携帯キャリアと契約してスマホを持つ場合、
端末代+通信費で
一人あたり毎月5,000円以上の費用がかかります。

しかし、格安SIMを利用することで
この問題も解消します。

格安SIMは大手携帯キャリアと比較すると、
パケット料金が圧倒的に安く、
月額500円~スマホを持つことができます

これから保護者のスマホを
新しくしようと考えている場合、
特にお得な裏技があります。

機種変更をして不要になるスマホを
子どもに与え、格安SIMで運用する。

この方法で初期費用を最小限に抑え、
月々の支払いも数百円程度で
子どもをスマホデビューさせることが
可能になります。

◆◆小学生に最適スマホ2社を今すぐ確認する◆◆

小学生スマホ徹底比較!話題の2社でおススメなのは?

こうしたスマホのデメリットを払拭できる、
小学生のスマホデビューにお勧めなのは
どこのスマホでしょうか。

特におすすめなのが、
LINEモバイルTONEモバイルという
格安SIMです。

両社ともフィルタリング機能が
非常に充実しています。

そのため、小学生にも安心して
スマホをもたせることができます。

この両社を比較すると、
どのようなメリットや違いが
あるのでしょうか。

両者の強みと違いを解説するとともに、
よりおすすめの会社と
プランの提案を行なっていきます。

LINEモバイルの圧倒的安全性を担保するシステムの正体は?

LINEモバイルはLINEとソフトバンクが
共同で運営している格安SIM会社で、
業界最安レベルでスマホの利用ができます。

大手携帯キャリアが後ろ盾をしているので、
品質が高く、サポートも安心です。

また、iフィルターという
通常は有料で提供されている
フィルターサービスが無料で利用できます。

こういったことから、
小学生のスマホデビューには
ピッタリの格安SIMです。

TONEモバイル独自のフィルタリング機能でわが子の安全確保?

TONEモバイルは
蔦屋書店の系列会社が運営している
格安SIM会社です。

全国のTSUTAYAの店頭などで
契約することができます。

TONEモバイルの格安スマホは
追加料金無しで「TONEファミリー」という
高性能のフィルタリング機能が利用できます。

こういったことから、自信を持って
小学生のスマホデビューに推薦できます。

LINEモバイルvsTONEモバイル!小学生スマホに最適なのは?

このように、小学生スマホとして人気の2社。

よりおススメなのは、どちらの格安SIMなのか、
徹底比較したいと思います。

小学生子どもスマホは安全第一!フィルタリング機能徹底比較!!

まず、気になるのが子どもの安全を守る機能です。

LINEモバイルで利用できるiフィルターも、
TONEモバイルで利用できるTONEファミリーも、
見守り機能に大きな差はありません。

子どもの安全を守る機能として
GPSを利用した居場所の確認や、移動履歴確認、
アプリのダウンロード制限やスマホ利用時間制限、
WEBフィルターなどが可能です。

どちらも安心して利用することができるでしょう。

その一方で、
使い易さなど他の面に目を向けると
両社には違いがでてきます。

いったい、どういった違いがあるのでしょうか。

気になる月額料金対決!●●モバイル利用で9万円お得?!

まず、基本使用料に目を向けてみましょう。

LINEモバイルは月額500円から、
TONEモバイルは月額1,000円からの利用。

090番号を付ける場合は
LINEモバイル月額1,200円から、
TONEモバイル月額1,950円から利用可能です。

この差は、月々では微々たるものかもしれません。

しかし、子どもが自立するまでの長きにわたって
継続的にかかってくる金額であることを
忘れてはいけません。

例えば090番号を付けた場合、
一カ月750円の差額は、
10年後には90,000円にも積み上がってくるのです。

この点、LIMEモバイルに利があります。

使い易さに直結!!通信速度対決を制するのは?

加えて、通信速度にも差があります。

LINEモバイルはプランごとに
毎月一定の高速通信ができるのに対し、
TONEモバイルは高速通信には非対応で、
通信速度は最大で500kbps程度です。

通信速度は、
実際にスマホを使いこなすようになるにつれ、
不満が出やすいポイント。

そのため、
初めからきちんとした高速通信が
可能なLINEモバイルを契約しておくことが
おすすめです。

でないと、後になってから月額料金の高い
他のスマホ会社への乗り換えを余儀なくされ、
追加での負担が増えてしまいます。

高校生まで使いたい!!長期使用に向いているのは?

小学生である子どもにスマホを持たせる場合、
長期的な使用を視野に入れる必要があります。

中学生・高校生と進学するにつれて
交友関係が広がります。

LINEなどのSNSを利用する機会も
多くなることが想定されます。

子どもの成長後を考えると、
なんといってもおススメはLINEモバイル

LINEモバイルならすべてのプランで
LINEがデータ容量無制限で使えます。

また、上位プランであれば
LINEに加えて、TwitterやFacebook、
InstagramなどのSNSも
データ容量無制限で利用できます。

これは、TONEモバイルに比べて
圧倒的なおすすめポイントとなります。

小学生スマホ徹底比較!おススメLINEモバイル最大のメリットは

将来的なことや総合的なサービス内容を考えると、
LINEモバイルの方が TONEモバイルよりも
小学生のスマホデビューに適しています。

LINEモバイルとTONEモバイルの特徴を
比較すると次のようになります。

 

LINEモバイル

TONEモバイル

利用料金
見守り機能
通信速度
SNSの使いやすさ

LINEモバイルの小学生スマホにデメリットなしの理由大公開

小学生に初めてスマホを持たせる場合、
デメリットや不安ばかり頭に浮かんでしまい、
踏ん切りがつかない、という人は少なくありません。

しかし、安全への不安を始めとしたデメリットは
先に述べてきたように簡単に解決できます。

むしろ、スマホを持たせることで、
子どもの安全性が担保でき、
友だちとのコミュニケーションも円滑になります。

また、小学生のうちにスマホデビューをすることで、
ネット社会の良い点や悪い点を子ども自身が実感でき、
早い段階でITリテラシーを身につけることができます。

このように、子どもがスマホを持つことは
デメリットよりもメリットのほうが大きいため、
不安になる必要はありません。

懸念材料の一つである経済的負担も、
格安SIMを利用すれば最小限で済みます。

特に格安SIMの中でもLINEモバイルであれば、
利用料金が業界最安レベルな上に、
フィルタリング機能も充実しているので
安心して持たせることができます。

また、中学校・高校と進学しても
快適に使い続けることができる
圧倒的にお勧めな子どもスマホなのです。

小学生スマホにLINEモバイルが圧倒的におすすめな3つの理由

LINEモバイルの強みをまとめると、
以下のようになります。

・業界最高のフィルタリング機能が子どもの安全を守る!!
・月額500円~で利用可能!!
・LINEメッセージの送受信、無料通話が無制限!!

小学生のスマホデビューなら
LINEモバイルの利用が絶対的におすすめです。